2010年04月27日

LDL-Cの測定は直接測定法でなくF式で―日本動脈硬化学会が見解(医療介護CBニュース)

 日本動脈硬化学会は4月26日、東京都内で記者会見を開き、LDL‐コレステロール(LDL-C)の直接測定法に関して、測定に用いるキットの標準化が不十分などの問題があることから、臨床の場では直接測定法ではなく、総コレステロール(TC)やHDL-コレステロール(HDL-C)、トリグリセライド(TG)から求めるFriedewaldの式(F式)を使うよう呼び掛けた。

 会見した寺本民生副理事長によると、LDL-Cの直接測定法の測定精度をめぐっては、近年、正常範囲にあるLDL‐Cの値の検出にはほぼ満足できるが、脂質異常症やTGが特に高い例などでは「外れ値」を出すものが多いなど、問題が指摘されていた。

 寺本副理事長は、直接測定法については今後、標準化や精度管理などを関係メーカーに要請する考えを表明。また、一般診療の場でLDL-Cを測定する場合は、F式(TC-HDL-C-TG/5)を用いることを基本とし、F式が使えない食後に来院した患者については、少なくとも1回は空腹での再診を求めるべきとした。さらにTGが異常高値を示す場合は、TC-HDL-Cで表すnon-HDL‐Cを参考にすべきとした。

 同学会が2007年に改訂した「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」について寺本副理事長は、「(直接測定法の位置付けなどについて)若干、誤解を招いたことは否めない。学会としても十分責任を認識している」とした上で、次のガイドライン改訂で明確に示したいと述べた。

■「特定健診」の測定項目にTCの追加を
 現在、特定健康診断ではLDL-Cの直接測定法が推奨されているが、寺本副理事長は、直接測定法の採用を続ける場合も、F式で算出した値との乖離を検証することで、精度の問題は回避され得るとし、測定項目としてTCを新たに加えるよう呼び掛けた。


【関連記事】
高中性脂肪治療薬の国内フェーズ3試験を開始―武田薬品
足の動脈硬化、「知っている」は3割未満
特定健診受診率は約3割、東高西低
協会けんぽの低い健診率に改善求める声−厚労省内仕分け前半が終了
定期健診の「有所見率」改善で過労死予防をー厚労省

JAXA 白木理事「誇りに思う」 山崎飛行士帰還で会見(毎日新聞)
ボルネオ 「恋のヤリ」突き刺すナメクジなど発見…WWF(毎日新聞)
子宮頸がん 若い世代、低い認知度 20代前半で半数以下(産経新聞)
携帯ポケットにコタツ→やけど、男性が逆転勝訴(読売新聞)
<円山動物園>ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 北海道(毎日新聞)
posted by ヤスダ キヨシ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。